ようこそ株式会社新東のホームページへ

株式会社新東

産業機器・FA事業部

容器の再検査期間

高圧ガス容器にガスを充填するには、充填される容器が耐圧検査の有効期間内でなければなりません。また、検査期間は容器の種類や製造年月、経過年月によって異なります。再検査期間の表を参考にして下さい。

平成10年4月1日 施行
容器の種類 内容積 代表例 改正後1 改正後2 改正後3
H元年(1989)3/31以前に
製造した容器
H元年(1989)4/1以降
H10年(1998)/3/31以前
に製造した容器
H10年(1998)/4/1以降に
製造した容器
製造後の
経過年数
再検査期間 H10/4/1以降に受ける最初の
再検査は「改正前」のとおり
その後の再検査は
「改正後3」のとおり
製造後の
経過年数
再検査期間
製造後の
経過年数
再検査期間 製造後の
経過年数
再検査期間
溶接容器等
(超低温容器及び
ロウ付容器を含む)
500リットル以下 可搬式超低温容器
アセチレン容器
液化石油ガス500kg容器
15年未満 3年 15年未満 3年 20年未満 5年 20年未満 5年
15年以上
20年未満
2年 15年以上
20年未満
2年
20年以上 1年 20年以上 1年
50リットル以上
120リットル未満
液化石油ガス50・30kg容器 8年未満 4年 8年未満 4年
8年以上
20年未満
3年 8年以上
20年未満
3年
20年以上 1年 20年以上 1年 20年以上 2年 20年以上 2年
50リットル未満 液化石油ガス20kg容器
液化石油ガス15kg容器
在宅用液体酸素40リットル容器
10年未満 5年 10年未満 5年
10年以上
20年未満
3年 10年以上
20年未満
3年
20年以上 1年 20年以上 1年
TP3.0Mpa以下容器
S30年7月以降製造
内容積25リットル以下容器
液化石油ガス10kg以下容器
在宅用液体酸素携帯容器
20年未満 6年 20年未満 6年 20年未満 6年 20年未満 6年
20年以上 1年 20年以上 1年 20年以上 2年 20年以上 2年
一般継目なし容器 500リットル超 一般高圧長尺容器
(水素・ヘリウム等の長尺容器)
5年 5年 5年 5年
500リットル以下 一般高圧ガス容器
酸素・窒素等(バラ容器)
3年 3年
一般複合容器
(FRP容器)
医療用酸素容器
空気呼吸器用容器
3年 再検査期間 3年
(※ 製造後15年を経過した再検査は不可。クズ化処分をします)
PAGE TOP